シガーの構造

サイトマップ

一番外側の葉で品質や色、芳香などの決め手になるラッパーとシガーの心臓部となるフィラーについて

ラッパーとフィラー

葉巻(シガー)の構造

葉巻(シガー)の構造をご説明します。まず、シガーにはマシンメイドとハンドメイドがあります。 さらに、巻かれる葉は1枚そのまま使用される場合と、シガレットタイプのように細かく刻まれた タイプがあります。異論はありますが、キューバ産のハンドメイドロングフィラーは 世界最高級だといわれています。

“WRAPPER”(ラッパー)について

そして、手巻きキューバシガーの葉巻を作っている職人は、ローラーという愛称で呼ばれ、1人前になるには 6年もの年月がかかります。キューバシガーの味わいを理解するには、まず職人になる為の期間と、 ローラー職人となる為の熟練期間も知る必要があります。機械の力を借りずに、手巻シガーを にこだわり続ける、キューバシガーは1本1本が貴重なめぐりあわせなのです。シガーの構造は、 外側から異なった3種類の葉っぱで作られています。

それでは“WRAPPER”(ラッパー)についてのご紹介です。ラッパーはシガーを巻き上げる1番外側の 煙草葉です。しっかりと丈夫できれいなものが厳選され、シガーの中で1番重要な部分なのです。それは、ラッパーは煙草苗 のみは、麺布などで完全に遮光されて時間をかけ育成されているのです。そして、葉は上に行けばいくほど、 太陽が近くなるほどに色が濃くなるという性質がありますが、綺麗にアデューロ色に染まった上質のラッパーの葉は、 リミターダ用に保管されて何年後かに使用されるのです。


貴重な煙草葉

ポイント

また、ラッパー葉は他の葉と違って収穫された時点で厳しい審査を受け、穴があるもの葉脈が目立つものは、 絶対に使われません。そして、1つのシガーシリーズの中でもラッパーの色は違います。 例を挙げれば、モンテクリストNo.2などは、生産量が多くあるので同様の工場、年限が同じでもアデューロ色から クラロまで本当に様々な色合いがあります。次にご紹介するのは、“FILLER”(フィラー)です。 キューバ産の葉巻はすべて、ロングフィラーを使用した“Totalemente Hecho a Manoシガー”です。

フィラー
手に取る葉巻

次にフィラーとはシガーの3層構造で、ラッパーやバインダー、フィラーの中で1番内部の喫味を決定する場所と いわれています。煙草の葉を原型のまま重ねて、束にして巻き上げられたものをロングフィラー、刻んだ煙草の葉を 使用して作成されたシガーをショートフィラーと呼んでいる事を覚えておきましょう。初心者はむつかしいと感じるかもしれませんが、 葉巻を吸っていくのであれば知っておいて当然の項目になります。

葉巻の初心者が知っておきたい知識とは